読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○なブログ

きまぐれに、思いつきで、備忘録的に⁈ 綴ってます。

緑区の鳴海駅あたりをぶらっと

近頃は、すっかり名古屋市営地下鉄・市バスのユーザーですが、昔はもっぱら名鉄(名古屋鉄道)を利用していました。
どこに行くにも名鉄鳴海駅」が起点。

すごく久しぶりに鳴海駅あたりをぶらっとしてみました。

f:id:modern_romance:20161030160504j:image

高架になって、1Fにはコンビニ。

f:id:modern_romance:20161030160740j:image

ちょっとした駅ビルになっていました。

f:id:modern_romance:20161030160805j:image
昔の鳴海駅は、今のように高架ではなく、名鉄バスのロータリーもこじんまり、でも交通量も人もワイワイと。

朝に昼に夜にと、利用者は多く、駅の周りの商店街もすこぶる活気があり、駅前独特のワクワク感がありました。

ロータリーの売店の紙コップのオレンジジュースは子供に大人気。

駅向かいには、ナコー電気、本屋さん。

踏切近くにはタカラブネもありました。

商店街を通り、国道1号線の交差点にあるロッテリアまで、楽しくフラフラできました。

いまは、ロッテリアのあったところにはコンビニ、でも、交差点には相変わらず炉端焼きのお店がありました。

f:id:modern_romance:20161030161016j:image

まだ、銭湯もありました。

f:id:modern_romance:20161030161246j:image

東海道五十三次の鳴海宿のあたりにも昔は結構な人で賑わっていましたが、

f:id:modern_romance:20161030162318j:image

いまは当時の下町独特のゴチャゴチャ感もなく、キレイにスッキリしたのですが、人もスッキリ、ひっそりと…。

当時の子どもの聖地「フクシマヤ」はありました。

f:id:modern_romance:20161030162012j:image

ちょっと歩くと歴史を感じる「鳴海城」址もしっかり昔のままにありました。

成長著しい名古屋駅までスッと行ける、抜群の立地にあるのですから、もう少しナントカならないのかなぁ、と思いながらの散歩でした。